超低速起稿

都内在住によるDJのサブカルチャー談話

目白田中屋でウィスキーを買ったのでBar長州ちからで試飲した話

先日放送、クレイジージャーニーでゲスト出演した目白田中屋の店主 栗林幸吉さん。

f:id:djomn:20170426164823j:image

 


パーソナリティー松本人志小池栄子バナナマン設楽
世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー)をスタジオに招き、体験を語ってもらったり、番組スタッフと同行ロケをする。
冒険家、ジャーナリスト、写真家、作家、経営者などさまざまな職業の人物が「クレイジージャーニー」として登場する。故人を取り上げることもある。ただしすべて日本人で、外国人は取り上げない。

 

クレイジージャーニー 世界中のウイスキーにロマンを馳せる男 2017年4月20日 170420 HD - YouTube

※リンク切れてたらすいません

 

 

f:id:djomn:20170426164808j:image

栗林幸吉

5000種のウィスキーを試飲し、300ヶ国のウィスキー蒸留所を訪れるという人生の大半をウィスキーに捧げ、未だ見ぬウィスキーを求めて旅をする栗林氏。

今回はスコットランドツアーで、アイラ島をぐるぐる周り、アードナムルッカンに行くという内容でした。

そこで筆者はこの栗林氏に感銘を受け彼が店主を務める目白田中屋に行ってきたのであります。

 

 

 

f:id:djomn:20170426165029j:image

目白田中屋

ウィスキー、ブランデー、ワイン、日本酒、
レア物のシングルモルト、シングルコニャック、珍しいビールやリキュールなど、世界中のお酒を豊富に取り揃えている。

英国の雑誌「ウィスキーマガジン」より、2007年小売店賞第2位受賞。
2010年のWWA(ワールド・ウイスキー・アワード)で、単一小売店部門の世界最優秀小売店受賞。

 

店内

f:id:djomn:20170426165102j:image

f:id:djomn:20170426165106j:image

 

 

そして今回のお目当てはこちら

f:id:djomn:20170426165529j:image

アイリッシュウィスキーの棚でございます。

クレイジージャーニーではアイラの特殊をしていましたが、お値段の関係とかでちょうどいい北欧系のウィスキーを探して見ました。

 

アイリッシュウイスキー(Irish whiskey)とは、アイルランド共和国および北アイルランドで生産される穀物を原料とするウイスキーである。

 

 

今回購入したのが

f:id:djomn:20170426170035j:image

f:id:djomn:20170426170042j:image

1608年創立のブッシュミルズ氏〜

世界最古の蒸留所で作られるブッシュミルズ

 

f:id:djomn:20170426170157j:image 

f:id:djomn:20170426170225j:image

ジョニーウォーカーのレッドラベル氏〜

マッサンのウィスキーのお手本となったブレンドウィスキー

 

 

 

この2つを購入して、

いつもお世話になっているBar長州ちから店主の長州ちからさんと試飲すべく高円寺へ。

 

まずウィスキー博士でもなんでもないし味のことなどよくわからないのでコメントも出来ないんですが、これがスコッチのオリジナルか〜としみじみ。

 

で、ブッシュミルズをBar長州ちからに寄贈。

f:id:djomn:20170426170713j:image

f:id:djomn:20170426170727j:image

 

 

 

そして家に帰って1人、ジョニーウォーカーレッドラベル氏を飲みました。これはウィスキー博士でもなんでもない自分でもコメント言えそうな味してました。とりあえず燻し感がすごい。燻し麦芽の風味が後からくるのでなんとも独特なかんじ。いままで飲んできたウィスキーの中でも結構好きかも。

ゴクゴク飲みやすくはないけど面白い味わい。

 

 

 

まったまにはこういうウィスキー好きアピールもしたくなりますよね〜ちなみに僕はロック派です。

サンキューロックンロール!