超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

【完全保存版】スピリチュアルの世界とは/令和TV文字起こし

 

f:id:djomn:20210222150007j:image

◼️意識

自分だけの意識だと思っていても、その深いところまでを降りていくと他のすべての生命体と自分の意識はつながっています。
そこの最深部、最も深い場所が俗に言う集合的無意識であったりアカシックレコードと呼ばれる場所。全生命体の記憶がある場所といってもいいでしょう。
自分の意識を深い部分まで下ろしていく途中で
ああこれは自分の意識じゃないなって気づいたりする時があります。
(自分の意識もしっかり持っているんだけど)
自分の意識を深いところまで下ろしていく過程で自分の意識が他人の意識と交差する瞬間です。

開眼している人は今自分の意識がどこの誰の意識と交差したとかがわかるんですけど、

開眼していない人ももちろん無意識の中で意識の交差が起こっています

人類だけで言っても70億人以上の意識があるで
とんでもない数の意識の交差点が僕らの目に見えない世界には広がっているということ。

その交差点の中で認識された者だけがその人の行動となって目に見える物質として時間の経過にしたがい現れるんです。

この意識の交差点をつくっている一人一人の意識の糸は最終的には集合的無意識につながっている。

だからこそ今自分の目の前に写っているものの意味を考えることはすごく重要なことなんです。

 

◼️意識以外とコミュニケーション

この宇宙の意識の交差によって生まれる編みをインドラネットと呼びその中で網を作り出している自分の意識の糸を狙った相手の意識の糸に自分の意思でつなげることをチャネリング
脳内糸電話みたいなイメージで自分以外の意識とコミュニケーションをとることをテレパシーと言います。このチャネリングやテレパシーを意図的に行える人たちがシャーマンやイタコと呼ばれる人達なんですが彼らが自分の意識以外とコミュニケーションをとる方法は2つ。  

f:id:djomn:20210222144709j:image

エクスタシーと呼ばれる脱魂形とポセッションと言われる憑依型。

f:id:djomn:20210222144732j:image

エクスタシーはその名の通り自分の魂が自分の肉体から抜けて自分自身が目に見えない世界をさまようこと。
さっき言ったようにこの目に見えない世界の中には意識の網が張り巡らされていますから、
自分の魂のどこら辺をキャッチされるかでその脱魂体験は違ってきます。

基本抜けた魂は自分の由緒がある場所を巡ることが多いんですが、
このエクスタシーを投じて目に見えない世界から今の地球に必要なものを引っ張って
くる人がいる一方、
ドラッグなどでエクスタシーが行き過ぎてしまい、行ったきり帰って来れなくなる人もいるんで
脱魂してみたいなぁとか考えている人は気をつけてやってください。
目に見えない世界とつながるもう一つの方法がポセッション憑依型です。
目に見えない闇の中にいる意識の存在はそのすべてがこの地球肉体を持っているというわけではないので、そういった存在に自分の肉体を貸してあげるのが憑依です。
自分の意識を保ったまま憑依される人もいれば、
完全に自分の意識そっちのけで憑依される人もいるので憑依によって何か情報が欲しい時は憑依されている人も見守ったり質問をしたりする人を用意する必要があります。

f:id:djomn:20210222144812j:image

シャーマンやイタコはこのエクスタシーと憑依を使い分けで地球の未来を暗示したり依頼人のトラウマを取り払ったり、残された人のために死者と交信したりするんですが、
陰謀論でおなじみの秘密結社がやっていることがこのエクスタシーと憑依を使って悪魔的なものから人を支配するための情報や技術を下ろしてくるということです。

 

 

◼️生命の樹

f:id:djomn:20210222144851j:image
やはりこの世界の支配者たちは目に見えない世界とのつながりを利用して力をつけてきたはず。
逆に言えば僕ら一般市民もその目に見えない世界と外のつながり方を理解出来れば個人個人が
力をつけられるということ。

支配者たちが目に見えない世界を理解する上で大事にしている教えをもう一つ紹介するとそれはカバラです。
人間の意識は深いところまで辿っていくとやがて集合的無意識にたどり着くと言いましたが自分の意識の糸が辿るべき道順というのはちゃんと示されていてそれを表しているのがセフィロトの樹です。

 

f:id:djomn:20210222144927j:image
一番最初の円が地球を表しているんですがそれぞれの円の中には惑星とその性質が当てはめられていて悟りを得たいと思う人は自分の意識の糸が地球からそれぞれの惑星をたどって一番上の円の突き抜けるところまでを目指します。

f:id:djomn:20210222144948j:image

この道順を稲妻のひらめきと言ったりするんですが

悟りを目指す過程で意識の糸がより上の円にまでたどり着ける人ほどその人はより高い次元からの閃きを地球まで下ろしてくることができるということ。

このセフィロトの樹を人間の精神世界の段階を表すと考えたときに自分の意識の糸をより上の円まで到達させるための方法が自分の体を流れている
チャクラの扱い方です。
そしてそのチャクラの扱い方を示しているものが瞑想であったりヨガであったり呼吸法であったり、これらの行為から得られる意識状態を認識して必要なタイミングで自分の欲や自我を抑える術を身につけることができたら人は永遠の命を得ることができます。

f:id:djomn:20210222145016j:image
聖書において人はエデンの園で知恵の木の実を食べてしまったため永遠の命が手に入る生命の樹の実まで食べてしまわないよう楽園から追放されました。

生命の樹のことを別名セフィロトというのですが、

つまりはこのセフィロトから得られるものを理解した人が永遠の命を得られるということ。
そしてここで言う永遠の命というのは肉体的な不老不死ではなく自分の意識が神の一部となりながら永遠にこの宇宙に残り続けることを言います。

 

◼️邪悪の樹

僕らの生きている時代においてエデンの園にある生命の樹というのは我々から隠されている状況です。

なぜならさっきも言いましたが人間は知恵の木の実を食べてしまったから。

f:id:djomn:20210222145142j:image

カバルで言うところの知恵の木はどういうふうに表わされるかというと人間の精神世界の段階を表すセフィロトを反転させたクリフォトの木、生命の樹を逆にしたものなので別名邪悪の樹なんて呼ばれたりします。
ちなみにセフィロトの樹は地球を表す円を入れて

 

●10個の円とその上に無限の光を表すアインソフアウル

 

●無限を表すアインソフ 

 

●否定を表すアイン

 

の3つが続いているで人間の精神世界は

 

13段階の構造になっていて、逆のクリフォトは地球を除いて9つの円が下に続いているので
この世の地獄は9層構造になっていると言われています。

自分の意識が生命の樹であるセフィロトを登っていくのではなくクリフォトをたどって落ちていく人間はその肉体が知恵の木によって縛られている人間。

肉体を通っている神経もっと言ったら感覚器官を知恵の木の枝と表し背骨を通っている脊髄を知恵の木の幹とします。
するとその感覚器官や脊髄を通して得られる快楽物質。

わかりやすく言ったらドーパミンなどの幸せホルモンが知恵の木の実です。

つまり人間はホルモン分泌によって得られる快楽という知恵の木の実を食べたときからクリフォトの樹を下に向かってどんどん降りて行ってて生命の樹があるエデンの園まで帰ることができないということ。

生命の樹の実を得られないまま死んでいく人は自分のカルマを生産できないまま何度も同じ世界を選んで転生してしまいます。

しかし支配者層はカバラの仕組みを熟知しているで知恵の樹であるクリフォトから得られる快楽を維持しながら、不老不死を目指し、たとえ不老不死が間に合わなかったとしても

自分の意識を再び来世でも同じ支配者の地位に転生させることができる

それが今まで続く終わらないピラミッド社会をつくっている原因だと僕は思っているんですが、

そしたら、そこから抜け出すためにはどうしたらいいか。

 

 

◼️DMT

快楽を我慢して瞑想やヨガに老けてろって言われても美味いものも食いたいし、酒も飲みたいし、セックスもしたいですよね。

快楽物質であるホルモンを分泌することで人間はクリフォトの樹を下にたどっていくと言いましたが、クリフォトの円と円をつなぐ道をセトのトンネルと言ったりします。

人生で年を重ねながらセトのトンネルをどんどん降りていく中で、唯一光を見出す方法が

自分の脳内からdmt を分泌させること。

f:id:djomn:20210222145645j:image

ドーパミンなどの快楽物質は自も地獄まで導かねませんが
神の分子とも呼ばれる dmt を自分の脳内

もっと言ったら
松果体という部分から分泌することができれば

快楽も得られてかつ、永遠の命を目指すことができます。

dmt という物質を簡単にまとめるとそれは自分がこのように形にして創造すべきものを頭で想像している時に脳内から分泌される物質。

 
思い描いた理想の未来を実現させるための物質とも言えます

これからの時代で一人一人が信者のいない教祖として力強く生きていく方法。

それは dmt によって見せられた未来の実現に向けて行動していくこと。

そしてその

行動によって生まれる人とのつながりを大事にしてその出会いを自分の糧としていくことなんです。

 

 


目に見えない世界へイザナう 【都市伝説入門第三弾】

令和TVより文字起こし

 

 

墓場7days -✟dig your tweet grave✟

f:id:djomn:20210221224129j:image

墓場7days -✟dig your tweet grave✟

 

世界には未だたくさんのつぶやきが数多くの人々に発見されることなく埋葬されている。

ツイート考古学というのは事実を探し求める学問だ。真理ではない。したがって失われた都を求め、秘密の地図を片手に宝を探し求めるエキゾチックな旅をする学問などという幻想を抱くことはこれはまったく意味がない。ツイート考古学はその7割がTwitter内部での調査だ。

埋もれてゆくツイートを掘り起こし、できるだ保存状態の良い情報だけを発掘していこう。

 

※当ブログ管理人が個人的に気になったツイートをまとめた記事になります。

 

◼️ART

 

 

◼️ジャパンカルチャー

 

◼️イミフ

 

◼️心理

 

◼️真理

 

 

◼️時代

 

◼️強い

 

 

◼️狂人

 

◼️金言

 

 

◼️それはそう

 

◼️やる気・勇気・元気

 

◼️ポケ速

 

◼️大学進学

 

◼️わかる

 

◼️ベストツイート

 

◼️強気

 

◼️陽気

 

◼️DJ道

 

 

◼️朗報

 

◼️ナックルズ案件

 

◼️正論

 

 

以上、今週のトピックスですた

精神疾患を本気で治す方法

f:id:djomn:20210219143114j:image

 

【ガチの精神疾患治す方法おしてくれよ私が一番直したいし苦しい泣いてんのか叫んでんのか怒鳴ってんのか自分でもわかんない】

 

というツイートを見つけて思ったのが、

 

通院しても治らないケースがある

 

本当の治し方を知らない人がいる

 

ということ。

 

病院を変えたり薬を変えたら治ったからそれは相性の問題だよという意見や、運動すればいいんだよ、LSDなどの幻覚剤がいいよなんて言ってる人もいます。

 

そもそもなんで精神疾患を患うかの原因を探ると、

 

様々な要因がありますが、紛れもなくストレスということです。

現代社会において経済やシステムの構造がめまぐるしく変化する中、我々は日常生活のさまざまなシーンにおいて急激な変化や進歩に対応しないといけません。

そうした社会背景が、うつ病の患者さんを急増させていると言われています。

 

断言できるのは、ストレス社会というよりも、社会がストレスを作っていると言えます。

ストレスが無いような社会を作るのも難しいですがやろうと思えばできるはず。

制約や法律を無視するならば、ですが。

 

一杯の酒なら健康だとかなんとか言われてる通り、大麻LSD、コカイン、ヘロインなども容量さえ守れば大したことはありません。

特に大麻は世界中でその薬効成分が評価され解禁している国が増えました。

そして幻覚剤ですが、LSDを使った、ごく少量の幻覚剤を定期的に摂取するという「マイクロドーズ」の安全性が臨床実験によって証明されました。

 

もちろん、過剰摂取はどんな薬であってもオススメはできません。もちろん酒もです。飲み過ぎたらダメなのは誰でもわかるはずです。

薬物依存症と鬱病を健全に治すことは全く別の話です。

薬物依存、アルコール中毒向精神薬薬の過剰摂取(OD)は全て破滅的です。

日本のドラッグストアでも販売されている市販薬コンタックのDXM(幻覚剤)、コデイン(モルヒネ単離)入りのブロンなどは、LSDやアヘンに匹敵する効力を持っています。

もちろん大量に摂取すればの話ですが…。

 

※やっちゃだめだぞ

 

スイスの薬物治療センターでは毎回決められた量のヘロインなどのドラッグを処方されます。

やはり鬱病というのは違法かどうかは置いといて薬じゃないと治せないということ。

制約や法律や利権が邪魔しているようにも見えますが、もっと世界的に平等な医学が広まれば、助かった命もたくさんあったかもしれません。

 

▼おすすめの一本

 

グウィネス・パルトローのグープ・ラボ

f:id:djomn:20210219141046j:image

Netflixオリジナル

好奇心旺盛なグウィネス・パルトローとグープ社のスタッフが、幻覚剤セラピーやエネルギー療法などを自ら体験し、健康に関するトピックを掘り下げる。

第一話の中で、グープ社スタッフ達はジャマイカの幻覚療法(キノコ茶)を試すというセラピーのドキュメンタリーを見ることが出来ます。

現代人は急に起きる精神疾患、トラウマやパニックなどの対処法がわからないと言われている。

患者には触れるなというのが医学会の常識となっており、それが社会規範になっている。

しかし、幻覚療法を通して見てみると、患者に触れないというのはトラウマの解放のための良い機会を逃していることらしい。

グウィネス・パルトローのグープ・ラボ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

 

 

 

臨死体験で何を得るか?のまとめと仮説/フィロソフィーの箪笥02

f:id:djomn:20210217204237j:image

◼️フィロソフィーの箪笥
Dear,ラマヌジャン

極めて直感的、天才的な閃きによりいくつもの定理を発見した「インドの魔術師」ことインドの数学者ラマヌジャン。彼の直感的なイメージ、ラマヌジャンが見えていたものが、100年後の人類にようやく見えはじめている。また哲学も同じようなものだ。

 

鑑定士あんも屋の独自の目線から考えるみんなのための仮説・思考・思想・哲学・証明。

 

 

【死後の世界を探究する】

f:id:djomn:20210217204334j:image

Netflix オリジナルドキュメンタリー。

そのタイトル通り、人間が死んだ後の世界について探る全6話のドキュメンタリーシリーズだ。1991年生まれのドキュメンタリー作品の新鋭、アメリカにおける人工中絶をめぐる政治運動を取り上げた映画『彼女の権利、彼らの決断』(2018) でアニー・スンドベルグと共同監督を務めたリッキー・スターンが監督を務める。

 

このドキュメンタリーの中で臨死体験をした後の変化について興味深いものがあった。

人は一度死ぬと別の価値観で返ってくるらしい。

これって、よく幻覚剤、LSDでもよく言われているエゴデス(自我の死)に近いもの…?

 

 

◼️臨死体験後に起きる変化

f:id:djomn:20210217204442j:image

ケネス・リングやシェリー・サザランドの研究によると、何割かの臨死体験者は、体験後に「他人への同情心が深まり、他人の手助けをしたいという願望が強まった」と回答している。体験前は粗暴で暴力的であった人物が、臨死体験後は他者につくす献身的な人格に変わるという例もある。

 

【人生への評価】何気ない会話、行動、自然など、日々の生活にある《当たり前のもの》を評価するようになる


【自己受容】他者からの評価を気にせずに、ありのままの自分を認められるようになる


【他者への気遣い】他者への思いやりが増大する


【生命への尊敬の念】特に環境問題や生態系への関心が強まる


【反競争主義】社会的な成功のための競争への関心が弱まる


反物質主義】から【精神性への移行】物質的な報酬への興味は薄れ、臨死体験で起きた精神的変容へ関心が移行する


【知識欲求】精神的な知識への強烈な渇きを覚えるようになる


【目的意識】人生は意味に満ちており、すべての人生には神聖な目的があるという意識が育つ


【死の恐怖の克服】死への恐怖は完全に克服される。死のプロセス自体への恐怖は残る傾向もある


【死後の世界の確信】【生まれ変わりの存在についての肯定的な信頼】が育つ


【自殺の否定】


【光への信頼】 


【自己超越】小さな自己という殻を破り、宇宙全体へと開かれていく心の成長をのぞむ


【サイキック現象】ヒーリング・予知・テレパシー・透視などの体験が数多く起こることが確認されている


アメリカに住むある臨死体験者は、自らの変容についてこうまとめている。

臨死体験が起きる前、私の優先事項は滅茶苦茶だった。その順位が完全にひっくりかえった。一番上だったものが一番下になった。人生を一日一日大切に生きるということがわかった

 

なんだか現実世界に返ってきたら全然別人になってかえってきちゃったなんてことは結構あるみたいですが、どうやら

 

臨死体験、悟り、幻覚剤によるエゴデス

 

これは全て繋がっていそうです。

 

◼️「悟り」は、エゴ・自我意識の死

f:id:djomn:20210217204508j:image

すべての現実、状況、状態を「私」が創り出していることを
深く確信することが「悟り」ですが、
 

「悟り」を深めていく次の段階としては、
すべてを「私」が創り出していると確信した上で、
「私」が「私」自身だと思い込んできた
エゴ・自我意識を降ろし、手放していきます。

 
 
 
エゴ・自我意識を降ろし、手放すには、
「私」が「私」だと思い込んできたことが、
実体がなく、「考え」に過ぎないという自覚が
伴っていなければいけません。
 
 


エゴ・自我意識には、
「ああだ」「こうだ」というポリシーや主張があり、
「あれしたい」「これしたい」という「欲」や執着があり、
心の癖、習慣があります。
 
 


「悟り」を深めようという意志があるならば、
それらを「私」自身ではない!と自ら降ろしていくのです。
 
 


相手の話を聞くとき、「私」の言いたいことを降ろして、
相手の話を受け入れてみます。
 
 


相手と協調して、何かを遂行しようとするとき、
「私」がやりたいことを降ろし、
相手のやりたいことを受け入ることもあります。
 
 


「私」を降ろし、相手に譲るわけです。

 
 
 
目の前の現実は起こっているだけだと、
ただ受け入れ、
「自分だったらこうする!」という
今までのスタイルや生き方を降ろします。
 
 


自然に、「私」が執着していることや「欲」を
手放すことになるでしょう。
 
 


「私」の意見や主張を言わず、
やりたいことをせずに「私」を降ろすことは、
我慢することと同じように感じると思います。
 
 


しかし、「私」を降ろすときは、
現実の犠牲になるのではなく、
主人として、自ら能動的に降ろすのです。
 
 


自ら能動的に降ろすためには、
「私」に感謝し、「私」が幸せで、
満ちていることが重要です。
 
 


不幸せで、不足感があるときに、
「私」を降ろすことに無理があり、
ただ我慢することになってしまいます。
 
 


幸せを外側から得ようとしているとき、
一時的に得たとしても、すぐに消え去り、
幸せな状態は続きません。
 
 


「私」が「私」に与えることで、
永続的な幸せがやってきて、
感謝する心が生まれます。

 

<私>を思い出すこと、それが悟りです!ドルフィニスト篤より

 

 

 

 

んー、よくわからんけど、とにかく悟り→自我の死によって性格的な事は変わるらしい。

幻覚剤においても一度の使用で性格が変わるぞー!という研究発表もありますた。

 

 

◼️幻覚剤は1回使用しただけで性格が変わる…研究発表

f:id:djomn:20210217204639j:image
31年間に渡る科学的な研究をまとめたメタアナリシスによると、LSDや幻覚キノコなどの幻覚剤を一度でも使用した人には性格の変化が見られ、またその変化は持続したそうだ。学術誌「Neuroscience & Biobehavioral Reviews」が発表した。 

神経生物学、薬理学などの研究が進むにつれ、科学の力で幻覚剤が人間にどのように作用するかが解明されつつある。今回、ブラジルとスペインの研究者チームが1985年から2016年までに発表された369件の学術研究のうち、特にセロトニン作動性の幻覚剤に言及したもの18件を調べた結果、幻覚剤の使用による性格の変化が確認されたそうだ。 

効果は薬物によっても摂取する人によっても様々なようだが、脳の視覚的な働きに大きく影響し、時間と空間の感覚が変化したり、自己を超越して広い世界とつながる一体感を感じたり、高揚感を伴う幻覚を見るという。

LSD、幻覚キノコとアヤワスカを使用した臨床実験の結果をまとめたところ、いずれの薬物を使用した人には長期的(あるいは恒久的)な性格の変化が見られたそうだ。

特に少量の薬物を臨床研究のために摂取した被験者においては、摂取しなかった被験者よりも「経験への開放性」という項目において高い数値を記録したという。いくつかの研究においては、薬物摂取後に一年以上も持続した抗うつ効果が見られた場合もあったそうだ。 

discoveryより  

 

 

◼️仮説

 

ひとつの仮説として、

 

1度死ぬ前の形成された【自分というエゴ】は、時代、社会、教育、環境、トラウマ、という外部からの影響によって存在しているようなもの。

つまり過去が今を形成しているということ。

それを理解、というか保有した状態で1度死んでから現世に戻ったらなにがその後に残るか?と言うと善なる心や慈愛の精神であることは間違いない。

たぶん、臨死体験や幻覚剤や悟り、どれを取ったとしても愛や命の尊さへの理解に辿り着くはず。

死の恐怖(バッドトリップ)を終えて再び戻ってくることで世界の真理に辿り着くことができる。

 

例えばタロットカード20番目のカード

f:id:djomn:20210217203026j:image

▲JUDGEMENT 審判

復活のカード

 

f:id:djomn:20210217203249j:image

▲21番目がWORLD

世界のカード。

つまり世界の真実にたどり着いたり、その物語の終着地点だったり、ということ。

 

f:id:djomn:20210217204037j:image

復活したイエス・キリストは初代教会の迫害者サウロの前に現れて彼を回心させたり、

その後も、自分が生きていることの数多くの証拠をもって弟子たちに示したり、40日にわたって彼らの前に現われ、神の国について話たりした。

 

 

実は人は生きるために生まれてくるのではなく、死ぬために生まれてきたのではないか?と思えるわけだが、

f:id:djomn:20210217214319j:image

仏教の世界では

死ぬということ=浄土

浄土は成仏を目標とする菩薩の世界。清浄な空間。

極楽浄土。つまり煩悩の浄化ということ。

臨死体験はこの浄化作用、ろ過的な役割を果たしているのかもしれない。人は一生を通して煩悩を得て捨てる旅をしている。じゃ煩悩ってなんだよってなった時に公式では【人間の諸悪の根源】と言われている。

 

サンボマスター的に言うと

「欲望ロックという曲です…」

 

煩悩=人間の諸悪の根源=欲望

 

やっぱり欲望がダメだよねーということらしい。

 

f:id:djomn:20210217212448j:image

エピクテトス

 

みなさん「エピクテトス」という哲学者をご存じだろうか? 「ストイック」(禁欲的)という生き方を打ち出した源泉のひとつと言われております。

 有名な人、有力な人、あるいは評判のよい人を目にした時、君は心像に拉致されて 、その人を「幸せな人だなあ」と思い込まないように注意するがよい。というのも、善の実質が「我々次第であるもの」のうちにあるならば、羨望や嫉妬が生まれてくる余地はないからだ。

f:id:djomn:20210217211742j:image

▲地位や名誉、財産など、翻ってよく考えてみれば、我々が欲望を向けているものの多くは、実は自分にはどうにもできないものばかり。

 

誰かを羨ましく思っても、その地位や名誉を自分の裁量でどうにかできるわけではない。にもかかわらず、他人の成功や繁栄を見て羨望の念を抱き、自分も目立ちたくなったり、不必要な競争に駆り立てられたりして、結果として自分が苦しむのは間違いなく愚かなことだ。

真の意味で自由に生きるためには、こうした「我々次第でないもの」に囚われてはいけない。それが幸福への近道なのである。

 

しかし、まだ欲望は絶対禁忌というものに対して疑念が残る。

f:id:djomn:20210217214659j:image

我々次第ではないものに分類されるものは、ほぼほぼ他者が絡むが、

例えば、全裸で誰もいない夜道を爆走しながら発狂したいという欲求を持つとする。それは確実に我々次第である行動。

誰もいない状況であれば完成されたコントロールされた意欲だが、誰か一人でもその場所にいたらどうだろうか。彼は1人で暴れたかったが、なんらかの事故によってその姿を見られてしまう。

仮に発狂者をA、その目撃者をBとしよう。

Bは正常な人間で一般的な教育で育ってきた人物だ。

Aの行動は欲を解放した異常者として判断されるだろう。

 

つまり、これは誰も見ていなかったら何もなかったということになりはしないだろうか?

 

確かにそこに欲望はあったが、誰もいなかったならばその欲望はコントロールされた意欲に留まる。

案外、こっそり欲望を解放するというのはある種において理にかなっている行為なのかもしれない。

しかし、エゴデスによって大抵の煩悩は浄化されるため、こういったよくわからない奇行欲や事件も減る可能性がある。

正常な人間の奇行というのは過去の出来事で形成されている。

なぜなら感情的な行為だからだ。

感情的になった理由はひとつしかない煩悩を手放せなかったことの苦しみだ。

エゴデスはそれを浄化できると考える。

 

◼️まとめ

仮に全人類が一切に、同時多発的に幻覚剤を使用するとしよう。使用後の世界の人々は生まれてきた役割を果たすためのヒントを何かしら得るかもしれないし、汚れのない魂を取り戻すかもしれない。

 

「意外と、死ぬということは恐れることでは無いよー」

というスピ系のそれをなんとなく理解したような気がする…。

 

 

 

◼️占い処あんも屋

占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。

鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで

▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

 

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!

@anmoya11

 

 

こんな記事が読まれています

高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿

【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿

エレメント別の解決法/フィロソフィーの箪笥01

f:id:djomn:20210215164703j:image

◼️フィロソフィーの箪笥

Dear,ラマヌジャン

極めて直感的、天才的な閃きによりいくつもの定理を発見した「インドの魔術師」ことインドの数学者ラマヌジャン。彼の直感的なイメージ、ラマヌジャンが見えていたものが、100年後の人類にようやく見えはじめている。また哲学も同じようなものだ。

 

鑑定士あんも屋の独自の目線から考えるみんなのための仮説・思考・思想・哲学・証明。

 

 

◼️エレメント別聞く側の心理

自分に有益な情報をくれる人、例えばそれが占い師でもいいのですが、まずは自分のホロスコープで2ハウスを見ます。

俗に言う

2ハウス恩恵説というやつです。

自分の場合は2ハウス乙女座なので、占星術系の占い師さんに占ってもらう時はなるべく乙女座の方に見て貰います。

 

例えば

風のエレメント

双子座、天秤座、水瓶座

の方(占い師とか)がたいてい人にアドバイスする時は、

 

「まぁ最後は自分で決めるんだけど」

 

と、投げっぱなしにする時が多いのですが、決してぼんやりとしたイメージを投げているのではなく、

これはある意味であってて、人の悩みというのはだいたい自分で決めさせてあげた方がいいということ。

これはこうだよ、というよりも君には無限の可能性や選択肢がこんなにもあるよ、という自由度があったほうが、彼らは前進できると信じているから。

それには人をポジティブにする力が宿っていると信じたい。

 

風エレメント

は基本的にペチャクチャペチャクチャと思考と〜理論と〜みたいな(情報量が鬼)攻撃を仕掛けてくるタイプのポケモンなのですが、やっぱりもっと自由でいいんじゃねみたいな思想なので、まっあとは自分でやってみてよ!みたいになるのも頷けるよね?

 

他に

風エレメント

の対向は

火エレメント

なので上昇志向、前進する力というのを推していきたいという気持ちもあるのでは。

 

逆に

水エレメント土エレメント

だったら、

 

土エレメント 

▶︎現実的な結果論。現実的にこうした方がいい、こうやっていけばいいなど。社会に寄り添うようなより具体的な策というかんじ。そうすればいまの環境がよりよくなる。

 

水エレメント

▶︎感情に寄り添うようなかんじ。軸が過去。その人の過去が重要で過去〜現在までの想いを感じ取って共有してくれる。それってたぶんこうですよ。その人こう思ってますよ。みたいなかんじか。

 

 

 

◼️エレメント別の悩みの答え探し

土エレメント水エレメント

の方達の本当の悩みっていうのも具体的なものを求めるかもしれない。そのあとは結果的にどうなるんや?みたいな。じゃ、どうすりゃいいの?みたいな。

 

火エレメント風エレメント

の方たちへの答えはぼんやりしててもOKみたいなとこあるんじゃ?どんなものが選択肢としてあって、自分とはなんぞや?自分にはなにができるか?みたいな可能性、創造性を待たせてあげる方がよさそう。

 

 

 

結果的に、

悩んでいる相手は現実的な答えが欲しいのか、悩みの起点やロジックが知りたいのか、を見極めることが重要。

欲しい言葉をヒアリングによって明確に読み取って寄り添ってあげる。

 

 

 

 

◼️占い処あんも屋
占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!
@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿

 

墓場7days -✟dig your tweet grave✟

f:id:djomn:20210214100117j:image

墓場7days -✟dig your tweet grave✟

 

世界には未だたくさんのつぶやきが数多くの人々に発見されることなく埋葬されている。

ツイート考古学というのは事実を探し求める学問だ。真理ではない。したがって失われた都を求め、秘密の地図を片手に宝を探し求めるエキゾチックな旅をする学問などという幻想を抱くことはこれはまったく意味がない。ツイート考古学はその7割がTwitter内部での調査だ。

埋もれてゆくツイートを掘り起こし、できるだ保存状態の良い情報だけを発掘していこう。

 

※当ブログ管理人が個人的に気になったツイートをまとめた記事になります。

 

 

◼️海外文化

 

◼️ドラッグ速報

 

◼️哲学

 

◼️わかる

 

 

 

◼️clubhouse

 

◼️モルカー速報

 

 

◼️マスゴミ

 

◼️にこるん速報

 

◼️VIP

 

◼️( ;∀;) イイハナシダナー

 

◼️文学

 

◼️真理

 

◼️考古

 

◼️名演

 

◼️ダメ!ゼッタイ

 

◼️ART

 

◼️RIP

 

◼️六道輪廻

  

◼️朗報

 

◼️映像研的な発想

 

 

◼️精神

 

◼️時事

 

◼️供給

 

◼️人生

 

以上、今週のトピックスですた

 

冥王星を軸に遠い未来を考える/フィロソフィーの箪笥00

 

f:id:djomn:20210211173922j:image

冥王星は約20〜30年ぐらいの周期で次の星座に移動する。

例えば1984〜1996生まれの人は冥王星蠍座

97年以降に生まれた人は冥王星射手座になるわけだからこれがいわゆるジェネレーションギャップを生み出している原因。世代間の価値観の違いというやつです。

 

冥王星のテーマは破壊と再生。

蠍座のルーラーは冥王星なので、

よく蠍座さんはこの冥王星の【破壊と再生】という力を使って一度人生をやり直すというのをよくやります。いったんバラしてからリスタート。

仕事も恋愛も関係性も辞めて最初からやり直すというのをやりがち。特に蠍座さんに多いのが、生き急いでる感。この世で自分が何かしなきゃ、生きた証を残さなきゃとか思うみたいです。なのでうまくいかない時は全部ぶち壊し冥王星の力を得て活躍していきます。

 

冥王星は太陽系の中でも一番遠い惑星であります。

人は生まれてから7歳の間に善悪を判断するための心を得るのですがそれはから影響を受けます。

7歳~15歳前後でコミュニケーションや勉強などを水星から受けます。

冥王星は最後なので死ぬ瞬間に影響を受けます。

 

話を戻して、、

我々にとって冥王星は世代に影響を与える。

ということ。

冥王星が他の星座に移動した時というのが地球全体の世代に影響を及ぼします。

 

それではこちらを、ご覧ください。

 

 

◼️星座別冥王星サイン

世代、そこで起きた主な出来事、未来に関しての仮説。

 

♈️牡羊座(1824-1853)
「自立」x「再創造」 

個人や国家レベルで、自立という事に対する概念の再評価をしようとする傾向。

 

f:id:djomn:20210211175658j:image

主な出来事▶︎産業革命

 

f:id:djomn:20210211175808j:image

未来予知▶︎2070年頃。次に冥王星牡羊座に戻ってくるのが2070年頃。

人々は新天地を求める可能性。もしかしたら地球外に住む人もでてくる?

未来を切り開くそんな力が働く。

言ってみれば地球規模の新たなるスタート。

常識を覆すような概念が生まれる可能性。

一人一人の個性が強く発揮されるような世界。

 


♉️牡牛座(1853-1885)
「物質的価値観」x「再創造」 

物質的豊かさに対する考え方への再評価をしようとする傾向。

 

f:id:djomn:20210211180020j:image

主な出来事▶︎明治維新

西洋文化がドバッと入ってきて、西洋風の建物、洋服、海外の料理を味わう。侍のマゲは西洋風の帽子に変わるなど。

 

f:id:djomn:20210211180127j:image

未来予知▶︎2098年頃。

次にこの牡牛座に冥王星が戻ってくる時が2098年ごろ。

つまり、その頃には私達の価値観は驚くほどに変わっているということ。

ドラえもんの元いた22世紀やらアトムの世界やら火の鳥未来編やらの服装の文化が入ってきてもおかしくはないということ。

 


♊️双子座(1885-1913)
「伝達」x「再創造」 

コミュニケーションのあり方に対して、地球レベルの範囲で再創造をしようとする傾向。

 

f:id:djomn:20210211180500j:image

主な出来事▶︎テクノロジーの進歩

電話やラジオといった通信機器、地下鉄や飛行船といった移動手段の発明。

 

f:id:djomn:20210211180559j:image

未来予知▶︎2133年頃、スマホに変わってまた何か別の伝達機器が開発される可能性。移動手段も完全にバック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンやUFO型の移動車になっている可能性。その法整備も整っているということ。

 


♋️蟹座(1913-1939)

「帰属」x「再創造」 

 

f:id:djomn:20210211180646j:image

主な出来事▶︎第一次世界大戦第二次世界大戦

国家的概念の強調。

大きいものが小さいものを吸収していこうとする傾向。大きなもののために、自分自身を捨てることを良しとした傾向。

 

 

f:id:djomn:20210211181212j:image

未来予知▶︎2163年頃。蟹座テーマは愛とか家とか。元々、蟹座という領域は双子座でコミュニケーションを覚えた子供が家から出た際に外側には危ないものがたくさんあるのを初めて知った時に例えられる。つまり家は人を守るということ。蟹座さんと言えば仲間を大切にするので自分の心の家という領域に招待して手厚く接してくれるが、それ以外となると防衛本能が働いて塩対応というのが結構デフォ。

この2163年頃に起きるとすれば、太陽系外からの攻撃。それは違う星からの脅威だったり、侵略、隕石衝突の可能性もある。人類はそれに立ち向かわなくてはいけないなんて事もあるかも。

もしも、愛の方に傾けば、愛の形が見直されることもある。家の概念を見直すなにか。

 


♌️獅子座(1939-1958)
「自己表現」x「再創造」 

個の独立的主張が強まる傾向。

個人の人生を自らの手によって劇的に創造していこうとします。

自己主張をすることを第一と考えるような価値観を持った世代。

 

f:id:djomn:20210211181342j:image

主な出来事▶︎第二次世界大戦が勃発し、個人の意志よりも国家や政党、またそれを指揮する指導者の意向を重要視する全体主義が浸透していきました。

 


f:id:djomn:20210211181748j:image

f:id:djomn:20210211181752j:image

未来予知▶︎2187年頃。悪く作用すればAIなのか侵略者の領土征服後なのかわかりませんが、全体主義に傾くこともあるということ。

良く作用すれば、誰でも主役になれるということなので、アバターで自由に時空移動、異空間を創造したり惑星間移動などあり得ます。 

 


♍️乙女座(1958-1971)

「実務」x「再創造」 

実務的なビジネスのシーンにおいて、再創造的な動きが強まる傾向。

 

f:id:djomn:20210211181939j:image

主な出来事▶︎日本では戦後の高度経済成長。石炭から石油へとより効率的なエネルギー源へと移行。効率化や発展の影に、環境破壊や公害、健康被害が生まれ、そこに対しての対策と改善、健康的で健全な社会の実現ために数々の変容を行なってきた。

どこか「役に立たなければ価値がない」という強い観念を持つ世代。

温故知新という言葉がありますが、だいたい親の言う事を聞いても意味がありません。世代の価値観が違うからです。実際に温故知新が役に立つのは2〜3世代前の世代からなのでは。例えばこの乙女座冥王星世代のお爺ちゃんお婆ちゃんの方の話は今の若者には何らかの生きるヒントを与えてくれたりするかもです。

 

f:id:djomn:20210211182052j:image

未来予知▶︎2205年頃。根本的なエネルギーの変革。

効率的なエネルギーを見直し。

例えば核融合を片手で出来るようになったりとかありえそう。健康を保つためにクリーンな惑星にしようという運動や改革。例えば、宇宙に浮かぶゴミ、デブリ問題を解決したりとか?プラネテスという漫画がありますが、あれはまさに乙女座冥王星ってかんじがします。

 


♎️天秤座(1971-1984)

「関係性」x「再創造」 

結婚、共同、洗練、芸術、対外的な関係といった領域で、新しい創造を起こしていこうとする傾向。

 


f:id:djomn:20210211182738p:image

f:id:djomn:20210211182733j:image

主な出来事▶︎女性の社会進出、核家族化や夫婦を含むパートナーシップの新しい形の模索。ある意味、人間関係は充実させるべきで、人からは好かれることはとても大事、という強い観念を持つ世代。

 

f:id:djomn:20210211205317j:image

未来予知▶︎2220年頃。結婚という概念がそもそも崩れている可能性あり。性別を超えた法整備。性別をもはや持たないという概念もありえる。

地球外のDNAを持つ生物と異種交配が起きたりするかも。火の鳥のムーピーみたいなやつとか。

 


♏️蠍座(1984-1996)
「共有」x「再創造」 

集団化の方法を根底から変えていこうとする傾向。

蠍座冥王星が守護する星座、ルーラーなので、破壊と再生という本来の力を最も強く発揮。

 

f:id:djomn:20210211205531j:image

主な出来事▶︎日本はバブル経済崩壊で、大きな組織や企業、銀行などが崩壊。蠍座が本質を見るサインなので、本物に対するこだわりが強い世代。

このあたりの世代はカオスなもの、SFとか宇宙人とかUMAとか神秘的なもの占いとかそういうのが全体的に好きな人が多い。あとオタク。蠍座はオタク気質。時代の象徴として1995〜1996がエヴァンゲリオンと重なるため、この世代はカオスな世界を美しむ傾向あり。

 

f:id:djomn:20210211205751j:image

未来予知▶︎2232年頃。風の時代で企業体はほぼ全滅していると見てるので、この頃の物の見方とするなら、物質的なもの、働くことや移動手段というものの概念が崩れる可能性。

例えば土地なんてどこでもいいんじゃない?みたいな考え。宇宙空間でも他惑星でも異次元でも住もうとすればどこでも住めるし、めちゃくちゃ自由に乗り回せるUFOが当たり前。リックアンドモーティーみたいなかんじ。更なる宇宙の謎みたいなものが学問として現れていそう。何かとんでもない宇宙の脅威に出会う。

 


♐️射手座(1996-2009)
「思想」x「再創造」 

思想や物の考え方を、根底から新しく再創造しようとする傾向。

 

f:id:djomn:20210211212744j:image

主な出来事▶︎射手座は宗教や哲学といった高次の精神的な世界ととても縁の深い星座。

日本ではオウム真理教事件後で、アメリカではイラク戦争中だった。

世界でも宗教的な組織によるテロによって多くの人の命が奪われたため、こういった事件からひとりひとりが宗教とは救いとは、という事を考えた時代。

例えば芸術作品において。

前の世代のカオスっていいよねというのが音楽的にも現れていたとして、この世代は音楽そのものと歌詞についての意味を求める傾向。

その射手座世代にとっての青春時代期、彼らは音楽的なものだとキングヌーや米津玄師などを筆頭に理詰めによって、導き出され、構成された作品を支持した。

感覚的創造というよりはパターンの中で理由付けられた創造。DTMで名を馳せたプロデューサーも筆頭に音楽的理論が前提の作品になってくる。

例えばひとつのジャンルがあったとして、そのジャンルの中でどういった個性を出せるかというのも特徴。

歌詞の分野で言うと、【春を告げる】【うっせぇわ】【香水】などが代表例だがその歌詞とこの世代の気持ちがいかに日常とリンクしているかその親密度が重要になってくる。意味を求め解釈し自己と重ね合わせる。つまりTikTok世代ということ。

 

f:id:djomn:20210211213639j:image

未来予知▶︎2243年頃。他惑星の生命体との交流により、新たな哲学が生まれる。原点に戻るのではないか?とも思える。そもそも神とは何か。生命とはなにか。輪廻転生の概念もより学問的に理解できるぐらいの水準までいく。もうこの頃には完全に宗教団体という概念はなく、一人一人がそれぞれの信仰を持っている。

 


♑️山羊座(2009-2023)
「地域性」x「再創造」 

ローカルな良さを再評価し、活性化させていこうとする傾向にあります。社会構造や、今の世界を支えている仕組みと縁の深い星座。

 

f:id:djomn:20210211215736j:image

主な出来事▶︎様々な出来事を通して、社会構造や仕組みに対して人類がいかに依存しているかを見せられている。大企業でさえも倒産する時代なので、大学を卒業して、いい会社に入って定年まで勤めていれば安心という価値観は大きく変わる。
フリーランスで働く人が増え、YouTubeや商材によって、今まで組織に入らなければわからなかった情報やスキルは簡単に得られてしまう時代に。

実力主義成果主義ともいえる。

 

f:id:djomn:20210211220459j:image

未来予知▶︎2256年。生命が生命を食べて、栄養を取り、排泄して、という循環。その根本的な概念に立ち返る。食料問題を解決するための見直し。

宇宙規模で、本当の金(ゴールド)の目的というものが何なのか、宇宙にどう作用するのかということが明るみになってきそう。古代人や祖先はなぜ金を大切にしたのか、その謎がわかる。

通貨とは信用価値なわけだが、人類は何らかの脅威により金を手放し通貨そのものに影響を与える。

または惑星間での信用価値の見直し問題がある。

遠い未来人からすると、まだ貨幣制度やってんのか?なんて話もあるかもしれないのでやっぱりお金というものが存在しないかもしれない。

為替やデジタル通貨という概念が消える可能性。

例えば信用のデータ化。もしくはデータという概念じゃないのかもしれない。通貨は全てひとつに統合される。もしくは通貨そのものが無いか。

 

▲ほぼ妄想です。

 


♒️水瓶座(2023-2044)
「常識」x「再創造」 

それまでの常識を覆して新しい常識を創造していこうとする傾向。

f:id:djomn:20210211220657j:image

将来、AIの普及によって、単純な事務作業はシステム化されていくと言われている。

機械には真似できない、独自のアイディアやクリエイティブさが求められていく。

高速インターネットの普及により、世界中の人と簡単に通じ合え、同じ思いを持つ同志と繋がり、全く新しい時代を築いていく。

問題点を正していくことに並々ならぬこだわりを発揮する世代。

 

f:id:djomn:20210211220728j:image

未来予知▶︎2270年頃。精神的な臨界点に到達する。

全く新しい次元、宇宙意識に気づかされることになる。目には見えない世界の住人との交流。問題点はテクノロジーが進むのかスピリチュアルが進むのかというところ。肉体はあるのか無いのか、そこがポイントになってくる。

 


♓️魚座(1797-1853,2043-2067)
「精神」x「再創造」 

地球上の精神的・霊的価値観への再創造をしようとする傾向にあります。

f:id:djomn:20210211220858j:image

神秘的な世界観を持ち、芸術的才能が華開くことで、これまでの時代にはないような作品を生み出していくことになる。

前回の魚座冥王星の時代、ヨーロッパではロマン主義という思想が流行。

神秘主義、夢、感情、憂鬱、不安、苦悩、愛情といったものが文学や絵画、音楽といったあらゆる芸術の分野で表現されていた時代。

神秘性や宗教観などに対して、強いこだわりを持つ世代。

 

f:id:djomn:20210211221343j:image

未来予知▶︎2043-2067頃。

2020年前後、大麻や幻覚剤などが医療的、娯楽的に見直され、ドラッグ合法国が多数を占める状況になり、1970年来のドラッグムーブメントが長く続く。この2043年頃はムーブの第2〜3世代(ドラッグチルドレン)というわけで、宗教性や歴史、スピリチュアル な儀式を通じて精神世界とは何か?というところに強い興味を惹かれる人が増える。精神性が非常に高い傾向。LSDなどの幻覚剤の再ブームにより人類はまた精神世界の扉を開けることになる。

一時的な自我の死を通して生命のあり方を問う。

 

f:id:djomn:20210211221408j:image

未来予知▶︎2292頃。

意識を精神世界に統合できるような革新的な、物理的にはありえないような世界線になっているかもしれない。【物質的な概念が無くなり始める】そんな研究結果もでてくる。精神世界と宇宙の関係性が新たな哲学によって解き明かされはじめていく。

 

 

 

◼️占い処あんも屋
占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!
@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿