超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

日本人はいつ目覚めるのか?

f:id:djomn:20200523005536j:image

シェアさせて頂きます。

 

新田晃さん

https://www.facebook.com/agyuraman

 

これから、真実と事実を書きます。本当の意味で目醒める人が増えるといいなと思います。

 

「受け止め方は自由」という意見がありますが、それはその通り。

 

ただ、あまりにもデタラメな情報が多ければ、虚しい意見になります。

 

本当のことを書きます。

 

トランプについて。

 

彼の最大の功績のひとつが、誘拐された大量の子供たちの救出です。

 

そして、彼が大統領になってから、1度も戦争をしていません。これは米国近代史上初です。

 

彼の功績はまだまだあります。


・動物虐待禁止法制定


・失業率が50年で最低


・アジア系、アフリカ系、ヒスパニック系、女性など、すべての人の雇用が過去最高


これらはほんの一部です。

 

彼を支える10人のビリオネアがいます。彼らを中心としたその「チーム」は世界で500人います。

 

いま、たった500人で、250万人の悪党をクリーニングしています。

 

いま起こっている大変革、たとえば、金本位制への移行、205カ国の通貨評価替え、FRB国営化、武器商人、テロリストへの資金ストップ、人身売買撲滅、小児性愛者逮捕、、。

 

2006年から金融界の掃除もしてきました。

 

世界中500の銀行トップ入れ替え。大企業トップが続々と辞任しているのも、クリーニングの一貫です。

 

これらを緻密に計画し、大胆に実行しています。

 

トランプも、彼ら無しには、何も成し得ていません。

 

いまの、経済、政治、ペンタゴン(軍隊)のトップたちは、全員このチームです。

 

トランプが大統領になるもっと前に、ケネディジュニアが、偽装事故で、姿を消します。

 

ヒラリー側の暗殺計画を知って、死んだことにしたのです。

 

そして、2016年。ケネディジュニアの親友であるトランプが立つことになりました。それで、「チーム」が、2016年の選挙をずっと調査します。

 

その結果、ヒラリー陣営が、4つの州のハッキングを企んでいることが判明。

 

ウィスコンシン州ミシガン州ペンシルバニア州アイダホ州。これらの州の票を取ることで、ヒラリーは勝つことになっていました。

 

そのハッキングする場所をチームが調査して特定しました。

 

悪かった頃のCIAが、スペインのマドリッドでハッキングしようとしたところを、10分前に「チーム」が機関銃を持って殴り込み、コンピューターを全部壊しました。

 

その結果、トランプ大統領が誕生したのです。

 

たった10分の違いで、世界が大変革することになったのです。

 

ヒラリーが大統領になっていれば、間違いなく第三次世界大戦が起こっています。

 

これらの話は、チームの一員から、直接教えてもらっていることです。

 

ここでお伝えすることに、その辺の動画やサイトから拾ってきた情報は一つもありません。

 

このチームは、いまの活動をするようになって、およそ30年になりますが、もともとは歴史のある人たちです。

 

ロスチャイルド家、ルイ4世、バチカンと戦ってきた騎士団の末裔です。

 

彼らは、アメリカの独立戦争のとき、海軍として働きます。

 

それがアメリカ海軍の一部になって、いまの海軍の主流が彼らになりました。陸軍もそうなります。

 

彼らは、トランプが大統領になる前に、ロシアのプーチンを助けていました。

 

ロシアは、カバールを完全排除しました。

 

そして、中国の習近平とも協力関係を作りました。

 

そして、2016年、トランプが大統領になるのでよろしく、と伝えています。

 

ちなみに、習近平を人類の敵を考える人がほとんどですが、違います。

 

習近平中国共産党は対立しています。習は軍隊を握っているので、中共カバールも簡単には手を出せません。

 

習近平は、カバールによる経済システムの限界に気付いたのです。

 

トランプ、プーチン習近平は、裏でがっちり手を握っています。

 

戦争が起こらないのはこのためです。イスラエルモサドが、トランプが乗ったエアフォースワンを爆撃しようとしたとき、ミサイルを撃ち落として助けたのはプーチンです。

 

もう、戦争は起きないのです。もちろん、見えないところで戦いは続いています。

 

このチームのトップは、ハーバードを主席で卒業後、MITで博士号を取り、CIAに入ります。一気に出世しますが、「ここにいてはダメだ」と気づきます。

 

やがて、彼は自分がテンプル騎士団の末裔だとわかったのです。

 

そして、カバールを潰すために、どうするかを考え抜いた結果、金融からやることを決めます。お金の解放です。

 

かつて、ロスチャイルド家は、世界の総資産の約6割を所有していました。

 

5年前、エルサレムで、ロスチャイルドたちとチームが会議をしました。

 

このとき、ロスチャイルド家の資産は6%。チームが、国際裁判所を通して、資金を凍結してきた結果です。

 

チームは、「これ以上やるとゼロになりますよ」と伝えました。

 

ロスチャイルドは、やめませんでした。そしていま、0.1%になっています。

 

少なくなった資金で、傭兵を使ってテロをやったりしていますが、一番使っているのはマスコミ。

 

フェイクニュースだらけ。これも、間もなくクリーニングされます。

 

カバールメディアのCNNは、視聴率3位から22社中最下位になりました。

 

アメリカの国民たちは、すでに目覚めているのです。

 

日本人はいつ目覚めるのでしょうか。