超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

悪魔的

 

 

f:id:djomn:20200606211715j:image

 

タロットカード、15番目のカードは悪魔。

下の男女は罪を犯してしまい悪魔の誘惑に負け欲望を追求し鎖にかけられている。そんな図だ。

 

能動的、衝動的に悪いことをしてしまったというのは実はそんなことなくて絶対に考えぬいて、考え続けてきた事が剥き出しになってしまっただけで、つまりはそもそも思考しているということ。

その思考こそが悪魔の誘惑であると、考える。

 

誰しもやらかしてしまいたいという欲求がある。だって人間だもの。。

 

 

古舘祐太郎さんの2というバンドのルシファーという曲が好きなのでYouTube漁ってたらこんなのありました。

 


2 - ルシファー (2019.03.31 Live at 学芸大学MAPLE HOUSE)

 

f:id:djomn:20200606212958j:image

▲冒頭のMC

 

 

古舘祐太郎さんってサラバーズの時もそうだったけど文学的で哲学的な歌詞を書く人だなーと。

純文学とか文豪が好きな人とかって少しは退廃的な思想概念あるじゃないですかね。

例えば酒を飲んで酩酊したり自己否定したり自己肯定したり。

 

文豪と言えば個人的には中原中也が好き過ぎます。

悲哀悲哀悲哀ってかんじで好きです。

何を言いたいかというと、

 

人生は生きて欲求を満たして、楽しんだり傷付いたりする。それが俗に言う苦悩。

 

人間の苦悩ってかんじです。

 

 

 


DAX × lute:Have a Nice Day!(ハバナイ)「ファウスト」

 

こちらはハバナイのファウスト

 

 

15〜16世紀。悪魔と契約し錬金術で爆死したファウスト博士。そしえそれを元にしたゲーテの戯曲「ファウスト 」で有名なファウスト

 

「本当は世界平和なんてどうでもよくて、あなたを支配してめちゃくちゃにしたいだけ」

 

というとんでもなく好き過ぎる歌詞の紹介ですた。

 

 

拙者、いまこの動画をプロジェクターに映して見ているのですが、そういえば妙な出来事を思い出しました。

 

ちょっと前の話ですが、

 

レンタル自転車を返却場所に返すため、住宅街を行ったり来たりウロウロしていると、

 

近隣住民と思わしき人を発見。

 

すいません、自転車の返却場所知りませんかー?

 

いや、全然知らないです〜

 

とその方がハバナイのアサミさんだったという事がありました。

 

 

 

それではまた