超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

性欲の科学 どうすれば持ち帰ることができるか?

 

f:id:djomn:20201224221836j:image

◼️性欲の科学集

 

絶対領域に工ロティシズムを感じるのは日本人だけではない。インドの男性は見えているお腹に性的魅力を感じるし、(超ロングスカートの)ヴィクトリア朝時代には足首がとても工ロチックと見なされていた。

 

●性転換者が最終的に転換手術に踏み切るかどうかを予測するには、変身小説を好んでいるかどうかが一番の判断材料になるのだという。 

 

●ルール34「人が頭に描けるものすべてに対して、オンラインポルノが存在する」

 

※ルール34(英: Rule 34)は、

「それが存在するなら、それのポルノがある。例外はない」ということを意味する4chan発祥のインターネット・ミームであり、存在する全ての物においてインターネット・ポルノグラフィが存在するという考え。

 

●「男は映像を好み、女はストーリーを好む」

男の意見として「余計なものは要らない」

つまり男はAVで育ってきた。
女性からすれば全然知らないやつらのセックスをただ見て「???」というかんじ。

しかし、その二人の関係性や感情、ストーリーにエロスを感じるのはやはり女性特有の感覚である。

これはananの付録で付いてるDVDなんかがそう。

イケメン男優と絡むまでの話。

 

 

 

◼️お持ち帰りの科学

ここからが本題。

基本的には女子からお持ち帰ってくださいよ。

なんて言えないし、絶対そんな事は言わない。

しかし、誘える技術がないとただのいい人ということになってしまうのでそこで終わりです。

逆にお持ち帰りをしないと、あ、わたしに興味無いんだなーと思われてしまいそこで終わりです。

ディープキスだけ、というのはもっての他で、持ち帰らなかった次の日から女性からメールが一切来なくなったなんてこともザラである。

 

つまり、

誘導して、持ち帰らないと失礼にあたる

 

 

◼️したい気分にさせる方法

 

男性は極限状態で子孫を残すが

女性の方は健康な状態で子孫を宿す

 

つまり、オスは興奮状態、死ぬ間際、疲れている時に子孫を残さなくてはいけないという本能から性欲を掻き立てられるのに対して、メスは不健康のままでは子を宿すことはできないので安心、リラックス、健康的な状態の時が性欲を掻き立てられるという。これを進化心理学という。

 

まずこれを理解してないといけない。

相手を安心させて、リラックスした状態に持っていかないと話は始まらないのだ。

 

大体の人は初対面の人は外見的な話をして、

ある程度仲良くなったら性格の話になるが、

 

それはダメです。

 

最初に内面の話をしてから次に外見の話をして相手をほめるようにしましょう。

 

例えば、初めてお会いして、「あれ、めっちゃ可愛いですね??w」なんて言って

 

(は?なんやこのオッサンw)

 

(外見しか見れんのか)

 

と思われるのがオチです。

 

外見を褒める→肉体的な方向に注意が向くので、TPOによって確かにしたい気分にはなるが、基本的に褒められた外見の部分に対して相手の外見を見比べるという習性がありますから、相手の心が開いてない状態でこれをすると、「セクハラ」になってしまいます。

 

(なんやアホな顔してこのセクハラ発言キモ)

 

となります。

 

 

まずは内面的な話を引っ張り出して、

性格を褒めたり、共感をする。

それから外見を褒めないとしたい気分にはならない。

 

◼️じゃ、どうすれば内面の話にもっていけるん?

 

●まずは持ち物を褒める(好みを引き出す)

▶︎なぜそれを選んだのか?

 

●ここがいいと思ったんだよねー?という相手の価値観を褒める→内面を褒めることになる

 

●安心させて2人だけになったら外見の話をする

→外見を褒めろ!

 

 

お持ち帰りという以前の問題で、どうやったら人に好かれるか?というのにも使えそうなので是非、試してみては?

 

 

では、また!

 

 

 

 

◼️占い処あんも屋

占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!

どもども占い師やったりDJしたり美容師やってりしてます。


@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿