超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

【後編】一つの惑星に一つだけの星座を集めたら

 

前編

【前編】一つの惑星に一つだけの星座を集めたら - 超低速起稿

 

星によって人や社会は影響を受けるというのを踏まえた上で、12星座の人達をなんらかの形で1つの惑星に住まわせてみてどんな状態になるのか?を妄想したいと思います。その後編。

 

 

◼️天秤座

知的交流の惑星。なんかシャレてるしみんな頭キレてそう。都会感のある服装に身を包み、洗練された都市を築いている。言ってしまえばスマートシティ。この惑星の住人は基本的に人と話すのが得意だが、実は心の裏側では交流自体が面倒くさいと思っており、表面上の付き合いで成り立っているおかしな世界。

仮面を被ったニヒル集団なので感情は表に出さない。なんとなくの感情しか出さない。

他惑星から来た人たちはなんか知らんけど裏がありそうと感じるのでサイコ集団的な恐ろしさを感じる。

もしやこの惑星の住人はカニバリストなのではないか、このあと煮て食われるのではないか、という猜疑心を持たずにはいられない。

 

 

◼️蠍座

蠍座を全部ひとつの惑星に閉じ込めたら、時空が歪みそう。瞬時に惑星が膨張し、瞬時に粉々に砕ける。そして新たな時空が生まれる。それを繰り返すので肉体はほぼ無いに等しい進化を遂げる。魂と魂で繋がることが出来る生命体。前世も現世も来世も全てはひとつという概念が生まれる。それを運命と定義付けられる。観測者はこの惑星を冥王星2号と名付けた。

 

 

◼️射手座

研究と哲学の惑星。科学やあらゆる学問が発達した星。基本的にみんな頭がぶっ飛んでいるので行動は予測不可能だが、3日に1度、精神祭というドラッグやアルコールを神とするレイブパーティーが夜な夜な行われる。この惑星の最初の祖となった精神世界の神はこの星に到着する前に地球という惑星を訪れた。この地球の暦では1970年代、フリーセックス、自然主義、幻覚剤という文化があり、幸福の絶頂期であった。神はその文化に多大なる影響を受けて帰還。その後、この惑星では哲学として精神二元論が生まれる。「躁か鬱か」である。この惑星の住人は激しいジェットコースターのような感情の波を毎日体験して生きているのである。

 

◼️山羊座

国家そのものである。かなり冷徹に見える星で、余程のことがない限り近づきたくない星である。

仕事が出来ないと意味がないので機械的に人が動き続けている。ロボットを導入しようという新革命派と自らの手で成し遂げるという保守派に分かれて対立している。経済至上主義、完全主義の世界なのでお遊び半分の道楽者は反逆罪にあたる。しかし特質的な精神(ようは変態)を隠して生きている人々が多いのでお隣の射手座の惑星に旅行をして自我を放出するというのも流行っている。

 

 

◼️水瓶座

自由、平等、博愛がテーマの星。

一人一人が個性持ちで、個性的な髪形、個性的な服装、独特の世界観を持ったそんな人たちである。

国家を持たずに自警団が存在している。パスポートが存在せず大陸間移動は全てインフラが繋がっているため移動、通信がスムーズな社会となっている。

1955年11月5日に科学者がトイレで転んで頭をぶつけた際に「フラックス・キャパシター」(次元転移装置)の着想を得てタイムマシンを完成させる。やがて家庭ごみを燃料として発電する超小型の核融合炉が発明され、文明が急加速した。

 

 

 

◼️魚座

他の星に比べて慈愛の精神が強く、癒しの星と言われている。たくさんの宗教が存在するがいがみ合うということはない。この星では3人に1人がシャーマンになることが義務付けられており、1日の大半を誰かの悩みを聞いたり悩みを話すのに費やしている。常にスピリチュアルな精神世界と繋がった状態でいるため疲弊している。大変優秀は星として突然変異的に13次元に上昇したため肉体は滅びている。

 

 

 

 

 

それでは良い終末を!

 

 

占いタグブログ

◼️占い処あんも屋
占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!
@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿