超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

まずはじめの占い・スピリチュアル入門その1

f:id:djomn:20210127111658j:image

プロローグ

自己紹介がてらに占いやスピリチュアルに傾倒した経緯など、初心者に向けて何をまず初めに占いを勉強すればよいかなど、そういったヒントがあればと思い書いていきたいと思います。

 

◼️心霊スポット

10代の頃は心霊スポットにばかり行ってました。

車を出して、友達数人または2人で行ったり。

偶然にも周囲の友達に幽霊が見えるという人達が多くて遊び半分で行っていたのが始まりです。

20代前半、そこから偶然、スピリチュアル好きな奥様と知り合いになるタイミングがあって、突然こう言われます。

 

「後ろに列ができている」

 

そこで自分が取り憑かれやすい性質の持ち主ということを知りました。

 

◼️神社を巡る

当時、mixiというのが盛んだったのでそこから神社好きを交えて【神社を巡る】という雑なイベントを開催して、所構わず巡っていました。

やがて、自分には合う合わない神社というのがだんだんわかってきました。

例えば、鳥居の前で靴紐が切れるなど結構あからさまでした。

ここで、あ、見えないものからのメッセージはあるな。と悟りました。

 

 

◼️仕事と人間関係に悩む

時が経ち20代後半、仕事をよりよくするため、人間関係の修復、過去と未来に向き合わなければならない。過去の精算。

そんなタイミングが来てしまい、とある霊能者に見てもらうことに。

(その霊能者の方との出会いから全て始まったような気もします。)

前世を一通り見てもらったりするうちに輪廻ってまじであるのか、とか、この世の目的などを知ってとても安心したというかとても感動したのを覚えています。

 

昔から、手塚治虫火の鳥や、シャーマンキングなどが好きだったのもあり、そういうスピリチュアルな世界はすんなり受け入れることができたし、なにより周りの友人達がそういった能力持ちが多かったので全然疑いもしませんでした。

 

祈祷を含めて120分。初めての霊視。

全部当てられるし、とにかく光の導きがすごい。

あ、これたぶん光だ!と認識しました。

たぶん、この霊能者の方は今まで見てきた人の中でダントツでやばい。

というかんじでした。

 

 

その後、

占いの世界へ興味を持ち始めます。

 

 

 

その2へ続く

まずはじめの占い・スピリチュアル入門その2 - 超低速起稿

 

 

◼️占い処あんも屋
占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!
@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿