超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

【完全保存版】スピリチュアルの世界とは/令和TV文字起こし

 

f:id:djomn:20210222150007j:image

◼️意識

自分だけの意識だと思っていても、その深いところまでを降りていくと他のすべての生命体と自分の意識はつながっています。
そこの最深部、最も深い場所が俗に言う集合的無意識であったりアカシックレコードと呼ばれる場所。全生命体の記憶がある場所といってもいいでしょう。
自分の意識を深い部分まで下ろしていく途中で
ああこれは自分の意識じゃないなって気づいたりする時があります。
(自分の意識もしっかり持っているんだけど)
自分の意識を深いところまで下ろしていく過程で自分の意識が他人の意識と交差する瞬間です。

開眼している人は今自分の意識がどこの誰の意識と交差したとかがわかるんですけど、

開眼していない人ももちろん無意識の中で意識の交差が起こっています

人類だけで言っても70億人以上の意識があるで
とんでもない数の意識の交差点が僕らの目に見えない世界には広がっているということ。

その交差点の中で認識された者だけがその人の行動となって目に見える物質として時間の経過にしたがい現れるんです。

この意識の交差点をつくっている一人一人の意識の糸は最終的には集合的無意識につながっている。

だからこそ今自分の目の前に写っているものの意味を考えることはすごく重要なことなんです。

 

◼️意識以外とコミュニケーション

この宇宙の意識の交差によって生まれる編みをインドラネットと呼びその中で網を作り出している自分の意識の糸を狙った相手の意識の糸に自分の意思でつなげることをチャネリング
脳内糸電話みたいなイメージで自分以外の意識とコミュニケーションをとることをテレパシーと言います。このチャネリングやテレパシーを意図的に行える人たちがシャーマンやイタコと呼ばれる人達なんですが彼らが自分の意識以外とコミュニケーションをとる方法は2つ。  

f:id:djomn:20210222144709j:image

エクスタシーと呼ばれる脱魂形とポセッションと言われる憑依型。

f:id:djomn:20210222144732j:image

エクスタシーはその名の通り自分の魂が自分の肉体から抜けて自分自身が目に見えない世界をさまようこと。
さっき言ったようにこの目に見えない世界の中には意識の網が張り巡らされていますから、
自分の魂のどこら辺をキャッチされるかでその脱魂体験は違ってきます。

基本抜けた魂は自分の由緒がある場所を巡ることが多いんですが、
このエクスタシーを投じて目に見えない世界から今の地球に必要なものを引っ張って
くる人がいる一方、
ドラッグなどでエクスタシーが行き過ぎてしまい、行ったきり帰って来れなくなる人もいるんで
脱魂してみたいなぁとか考えている人は気をつけてやってください。
目に見えない世界とつながるもう一つの方法がポセッション憑依型です。
目に見えない闇の中にいる意識の存在はそのすべてがこの地球肉体を持っているというわけではないので、そういった存在に自分の肉体を貸してあげるのが憑依です。
自分の意識を保ったまま憑依される人もいれば、
完全に自分の意識そっちのけで憑依される人もいるので憑依によって何か情報が欲しい時は憑依されている人も見守ったり質問をしたりする人を用意する必要があります。

f:id:djomn:20210222144812j:image

シャーマンやイタコはこのエクスタシーと憑依を使い分けで地球の未来を暗示したり依頼人のトラウマを取り払ったり、残された人のために死者と交信したりするんですが、
陰謀論でおなじみの秘密結社がやっていることがこのエクスタシーと憑依を使って悪魔的なものから人を支配するための情報や技術を下ろしてくるということです。

 

 

◼️生命の樹

f:id:djomn:20210222144851j:image
やはりこの世界の支配者たちは目に見えない世界とのつながりを利用して力をつけてきたはず。
逆に言えば僕ら一般市民もその目に見えない世界と外のつながり方を理解出来れば個人個人が
力をつけられるということ。

支配者たちが目に見えない世界を理解する上で大事にしている教えをもう一つ紹介するとそれはカバラです。
人間の意識は深いところまで辿っていくとやがて集合的無意識にたどり着くと言いましたが自分の意識の糸が辿るべき道順というのはちゃんと示されていてそれを表しているのがセフィロトの樹です。

 

f:id:djomn:20210222144927j:image
一番最初の円が地球を表しているんですがそれぞれの円の中には惑星とその性質が当てはめられていて悟りを得たいと思う人は自分の意識の糸が地球からそれぞれの惑星をたどって一番上の円の突き抜けるところまでを目指します。

f:id:djomn:20210222144948j:image

この道順を稲妻のひらめきと言ったりするんですが

悟りを目指す過程で意識の糸がより上の円にまでたどり着ける人ほどその人はより高い次元からの閃きを地球まで下ろしてくることができるということ。

このセフィロトの樹を人間の精神世界の段階を表すと考えたときに自分の意識の糸をより上の円まで到達させるための方法が自分の体を流れている
チャクラの扱い方です。
そしてそのチャクラの扱い方を示しているものが瞑想であったりヨガであったり呼吸法であったり、これらの行為から得られる意識状態を認識して必要なタイミングで自分の欲や自我を抑える術を身につけることができたら人は永遠の命を得ることができます。

f:id:djomn:20210222145016j:image
聖書において人はエデンの園で知恵の木の実を食べてしまったため永遠の命が手に入る生命の樹の実まで食べてしまわないよう楽園から追放されました。

生命の樹のことを別名セフィロトというのですが、

つまりはこのセフィロトから得られるものを理解した人が永遠の命を得られるということ。
そしてここで言う永遠の命というのは肉体的な不老不死ではなく自分の意識が神の一部となりながら永遠にこの宇宙に残り続けることを言います。

 

◼️邪悪の樹

僕らの生きている時代においてエデンの園にある生命の樹というのは我々から隠されている状況です。

なぜならさっきも言いましたが人間は知恵の木の実を食べてしまったから。

f:id:djomn:20210222145142j:image

カバルで言うところの知恵の木はどういうふうに表わされるかというと人間の精神世界の段階を表すセフィロトを反転させたクリフォトの木、生命の樹を逆にしたものなので別名邪悪の樹なんて呼ばれたりします。
ちなみにセフィロトの樹は地球を表す円を入れて

 

●10個の円とその上に無限の光を表すアインソフアウル

 

●無限を表すアインソフ 

 

●否定を表すアイン

 

の3つが続いているで人間の精神世界は

 

13段階の構造になっていて、逆のクリフォトは地球を除いて9つの円が下に続いているので
この世の地獄は9層構造になっていると言われています。

自分の意識が生命の樹であるセフィロトを登っていくのではなくクリフォトをたどって落ちていく人間はその肉体が知恵の木によって縛られている人間。

肉体を通っている神経もっと言ったら感覚器官を知恵の木の枝と表し背骨を通っている脊髄を知恵の木の幹とします。
するとその感覚器官や脊髄を通して得られる快楽物質。

わかりやすく言ったらドーパミンなどの幸せホルモンが知恵の木の実です。

つまり人間はホルモン分泌によって得られる快楽という知恵の木の実を食べたときからクリフォトの樹を下に向かってどんどん降りて行ってて生命の樹があるエデンの園まで帰ることができないということ。

生命の樹の実を得られないまま死んでいく人は自分のカルマを生産できないまま何度も同じ世界を選んで転生してしまいます。

しかし支配者層はカバラの仕組みを熟知しているで知恵の樹であるクリフォトから得られる快楽を維持しながら、不老不死を目指し、たとえ不老不死が間に合わなかったとしても

自分の意識を再び来世でも同じ支配者の地位に転生させることができる

それが今まで続く終わらないピラミッド社会をつくっている原因だと僕は思っているんですが、

そしたら、そこから抜け出すためにはどうしたらいいか。

 

 

◼️DMT

快楽を我慢して瞑想やヨガに老けてろって言われても美味いものも食いたいし、酒も飲みたいし、セックスもしたいですよね。

快楽物質であるホルモンを分泌することで人間はクリフォトの樹を下にたどっていくと言いましたが、クリフォトの円と円をつなぐ道をセトのトンネルと言ったりします。

人生で年を重ねながらセトのトンネルをどんどん降りていく中で、唯一光を見出す方法が

自分の脳内からdmt を分泌させること。

f:id:djomn:20210222145645j:image

ドーパミンなどの快楽物質は自も地獄まで導かねませんが
神の分子とも呼ばれる dmt を自分の脳内

もっと言ったら
松果体という部分から分泌することができれば

快楽も得られてかつ、永遠の命を目指すことができます。

dmt という物質を簡単にまとめるとそれは自分がこのように形にして創造すべきものを頭で想像している時に脳内から分泌される物質。

 
思い描いた理想の未来を実現させるための物質とも言えます

これからの時代で一人一人が信者のいない教祖として力強く生きていく方法。

それは dmt によって見せられた未来の実現に向けて行動していくこと。

そしてその

行動によって生まれる人とのつながりを大事にしてその出会いを自分の糧としていくことなんです。

 

 


目に見えない世界へイザナう 【都市伝説入門第三弾】

令和TVより文字起こし