超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

運命論について考える/フィロソフィーの箪笥07

 

f:id:djomn:20210630111238j:image

◼️フィロソフィーの箪笥
Dear,ラマヌジャン

極めて直感的、天才的な閃きによりいくつもの定理を発見した「インドの魔術師」ことインドの数学者ラマヌジャン。彼の直感的なイメージ、ラマヌジャンが見えていたものが、100年後の人類にようやく見えはじめている。また哲学も同じようなものだ。

 

鑑定士あんも屋の独自の目線から考えるみんなのための仮説・思考・思想・哲学・証明。

 

 

◼️運命論について

あらためてRADWIMPSの歌詞すごいですね。

遠く離れていていたとしても今世での繋がりが切れたとしてもいつか必ず会えたり。それは何年後か何百年後かわかりませんが。かなり輪廻的です。

 

テクノロジーが発達すると運命も手繰り寄せやすくなるのでは?と考察します。

大昔、人々は電話もない時代に駅やらハチ公で待ち合わせをしてました。

今やスマホがあればマッチングアプリで遠くに住んでたとしても(運命の人と)容易く結ばれるという世の中になってしまいましたね。

 

 

しかし、テクノロジーが発展していくとそのテクノロジーが便利すぎて、1番養わなきゃいけない心が発達しない。なんてことも。

たぶんこの2000年間の魚座時代の宗教と科学の時代が終わって、本当の個人としての自立と超科学の時代、水瓶座時代が始まるんじゃないかと。

 

つまり、

科学は人を平等にする。

 

 

 

不思議な事に冥王星時代、約240年の周期でぐるぐる牡羊座魚座の順々で移り変わるのに、

2000年周期の歳差運動では逆に回るんですよね。

牡羊座魚座っていうのは一つ前の時代を否定するなんて言いますけど。

今んところ2000年周期の逆回転でも時代否定が有力とされてます。

魚座を否定して水瓶座になる。

これ普通に気持ち悪いんですよね。

 

普通の感覚だったら水瓶座魚座にレベルアップするのが、2000年周期は逆ですからね。宇宙は逆に回ってんのか?と考えるわけです。

 

逆回転ってなんか考え方としてはタイムリープしてるみたいで非常に気持ち悪いけど、きっとそんなことはない。

と、とにかくですよ。

この2000年の間に超絶科学が進歩して、リックアンドモーティーみたいなワープ技術が登場してくれることを願いたい。

f:id:djomn:20210630113217j:image

 

 

◼️占い処あんも屋
占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。
鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで
▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!
@anmoya11


こんな記事が読まれています
高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿
【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿