超低速起稿

都内在住のDJによるサブカルチャーと占術の談話

しばらくスマホを物理的に離すという苦行を行う/フィロソフィーの箪笥09

f:id:djomn:20211128173525j:image

◼️フィロソフィーの箪笥
Dear,ラマヌジャン

極めて直感的、天才的な閃きによりいくつもの定理を発見した「インドの魔術師」ことインドの数学者ラマヌジャン。彼の直感的なイメージ、ラマヌジャンが見えていたものが、100年後の人類にようやく見えはじめている。また哲学も同じようなものだ。

 

鑑定士あんも屋の独自の目線から考えるみんなのための仮説・思考・思想・哲学・証明。

 

 

◼️仮説のはじまり

遠ざける。スマホを体から離す。離す時間を多く取る。あえてやる。

スマホと自分を物理的に離そうという実践を試してます。

期間は未定。

何が起きるか試してみたいと思います。

そうです、なぜ突然こんなことをしたかというと岡田斗司夫さんのこの動画を見たから。


www.youtube.com

 

◼️Twitterのスワイプタイム

f:id:djomn:20211128175007j:image

これですこのグルグルのやつ。

 

 

Twitterのスワイプに数秒かかるあの現象、アップロードタイムは本当は無くてもいいのに、あえてあれを使っているらしい。

あれはパチンコの時のスロットと同じで、人はコンマ数秒待たされると期待値が上がるらしく、それを応用して中毒化させているかららしい。

 

なぜ待たされているのかを違った視点で考察すると、

Twitter社という独断の会社の世界において、フォロワーに対してスワイプタイムのプログラムをいれるということは、ディオのザ・ワールドでおなじみの時を止める。ということ。

f:id:djomn:20211128175613j:image

 

その数秒をあいつらは独占できる。

 

何故、その数秒を独占するかというと、

 

スワイプがないとどこまでも最新を得てしまうからで、つまりいつか行き止まりが来るということ。

 

現実と過去の間が狭まるその時にどっにに触れてしまうのか、というような生と死を思うからである。

 

 

例えば他者視点。

、本人はスマホの画面で世の中を見ていて、最新を追うあまりスマホを見っぱなしの状態。

他人から見たらそれはスマホばかり見てあの人、可哀想、となる。

またはなんで私を見ないでスマホみているの?

となる。

 

明らかにそれは異常な事なのかもしれない。

 

本人は気づかないうちに進行しているので完全にスマホ中毒症状、になっている。

つまり、アル中と一緒ということ。

依存症ということ。

 

◼️依存

そういう人は、他人と円滑なコミュニケーションができなくなるので淘汰されてしまう。

なので最悪もしかしたら自殺者を増やしてしまうかもしれない。

逆の視点からすると、Twitter社の中に独占された世界を我々は見させられているということになる。

 

言わば、Twitterに1番最新を追うフォロワーの命を握っているという構図になる。

 

なのでスマホの見過ぎは注意は本当なのかもしれない。

 

 

 

しかしブログは普通に書きます!ではまた

 

 

 

 


◼️占い処あんも屋

占い処あんも屋では占星術数秘術、タロットカードなどによりクライアント様の運勢や運命を鑑定しております。

鑑定料・ご相談・ご予約はこちらまで

▶︎【鑑定案内】占い処あんも屋 - 超低速起稿

 

◼️Instagramのフォローをよろしくお願いします!

@anmoya11

 

 

こんな記事が読まれています

高野政所さんを占わせて頂いた話 - 超低速起稿

【占術】トーニャハーディングさんに占い処あんも屋のレビューを頂きました - 超低速起稿